地球の生命に触れる伊豆半島ジオガイドツアー

Izu Peninsula Geoguide Tour

Story

 

伊豆に感じた、無性の懐かしさ。

伊豆との出会い

私が伊豆に越してきたのは2011年。
震災が起きて間もなくの頃、僕は今の妻に出会いました。と同時に、伊豆とも出会った。
彼女が住んでいた場所であったから。

旅行で伊豆に来て、ここに足を踏み入れて、すぐに感じたこと。
それは、無性の懐かしい感じ。 " ふるさと "という言葉が伝えるような気持ちを抱きました。

地表面に現れている森の美しさ…
そこには森に生きる動植物の姿だけでなく、大地から溢れ出るような美しさがありました。

伊豆には底知れぬ魅力、言いようもない魅力がある…
そんな思いを抱いて、僕はあの頃から今も 伊豆の虜になってしまったのです。

大学時代から、「心理学」や「宗教学」を学んでいた自分は、
"どうしてこんなにも自分は伊豆が好きなのか?"ということに興味を持ちました。

どうしてだろう、と考えながら現実は進み、
僕は妻と中伊豆に住むことになりました。

一言に伊豆、といっても 東西南北それぞれに色がある伊豆。
その中でも中伊豆は、文字通り”中”にあり、森に囲まれて澄んだ伊豆の原風景があります。

まるで絵本に出てくるような理想郷、ユートピアな場所。
この伊豆の真ん中、中伊豆に僕たちは2年間住むことになりました。

中伊豆にいた頃は、その土地柄から ワイナリーに勤めていました。
その頃はまだ「ジオ」の魅力には気づいていませんでした。

 

伊豆のことを、伝えたい

伊豆高原へ

2年後、伊豆高原へ引っ越すことになった機会に合わせて、
「伊豆が好きだから、伊豆を元気にしたい」
そんな気持ちから、星野リゾートではたらきはじめました。

"日本の観光"という側面から、伊豆を元気にできるのでは?と思ったのです。

好きだから、伝えたい。この魅力を、発信したい。
そんな思いを「星野リゾート」という大きな母体の中で実現したいと思ったのです。

2015年の8月頃には、「魅力チーム」として地域性に特化した取り組みを行ってきました。
人がその地で築いた伝統文化・魅力を発掘して、それを現代の人に伝わるように発信していく。

そんな中・・・気づけば僕は「人々がその文化を築いた、地」「文化が築かれた、地」
大地の持つエネルギーに興味を持つようになっていました。

土地の成り立ちってそもそも・・・
伊豆は、どうして伊豆というのだろう?土地の成り立ちと関係があるのだろうか?
こんなに魅了されていた「伊豆」って、そもそも何なのだろう?

僕は学生時代から自他共に認めるとても哲学的な人間でした。
当然、哲学的な人間として 出来事の「背景」や「原因」が知りたくなります。

南からきた火山の贈り物に出会う

"伊豆って、日本列島ではないんだ・・!?"

そこで調べてみると、最初の衝撃が走りました。
"伊豆って、日本列島ではないんだ!"
現在は文化的には日本列島の一部として存在しながら、
地質的には 伊豆小笠原列島としての一部であること。

伊豆半島ジオパークでは、伊豆は「南からきた火山の贈り物」と呼ばれています。

ロマンを感じました。
だからこそ、ここには他の地では感じられない、ふるさと感があるのだと思いました。

 

地の成り立ちを、もっと知りたい。

そんな思いから、ジオガイドになろうと思ったのです。

 

 


 

 

世界の中の特異点、伊豆半島。

更新日:

Copyright© Izu Peninsula Geoguide Tour , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.